Top > 出来事 > お肌の為にするはずのフェイスパックの意外な落とし穴

お肌の為にするはずのフェイスパックの意外な落とし穴

最近は安くて毎日使えるフェイスパックが増えてきました。

私が働いていたお店でもよく購入される方多かったです。

しかし、フェイスパックには落とし穴があるんです。

もう結構有名な話ですが、長すぎるパックは逆効果!ということです。

どうしてそうなるかと言うと、パックが乾くと顔の水分を奪ってしまうからです。単純ですね。

毎日している人は毎日与えた潤いが即座に奪われているということになります。

私がおすすめするのは5分です。

短いと思う方もいるかもしれませんが、この位が1番お肌には丁度いいと私は感じます。

20分位やっている方もいますが、特に空調がきいた部屋など、顔もですがパックだって乾燥しやすいです。

5分じゃパックに化粧水が残っててもったいないという方、パックにあまった化粧水は捨てずにボディにつけます。顔もボディも潤って一石二鳥です。

それでも短い時間じゃ…という方は、5分で外してハンドパックで浸透させましょう。

お肌のためにしていたことが逆効果にならないためにも、私はこうしてパックを使っています。

脂性体質改善

出来事

関連エントリー
お肌の為にするはずのフェイスパックの意外な落とし穴為替レートを読む血糖値と血圧が下がり入院の危機を乗り越える事ができました